久山町民図書館の情報ページです。
本を探したい方は、以下のリンクをクリックしてください。



まんまるだあれ
まんまるに、7つのもよう。だれだか、わかるかな?まんまるに、ぐるぐるうずまき。いったい、だれかな?まるから、目が出て、足が出て…シンプルな「まる」の形がいろいろな生き物に大変身します。まんまるが何になるか、あててみませんか。写真家・今森光彦が作りだす、想像が広がる切り絵絵本。
文・切り絵 いまもり みつひこ
齋藤孝の覚えておきたい 日本の行事
お正月、節分、桃の節句、端午の節句、日本の行事をどのくらい知ってるかな? 古くから伝わる行事には日本人が大切にしてきた心や言葉がたくさんつまっています。その時に何気なく食べているものなどにも色んな意味が含まれているんですよ。 日本の伝統を知るということは、日本という国の良さ、日本人が大切にしてきた心を知ることです。この本で紹介している行事を学ぶことで昔から受けつがれている様々な思いがきっとわかるようになるはずです。
作 齋藤孝
目の見えない人は世界をどう見ているのか
出版は2015年ですが、この本が素になり2018年にヨシタケシンスケさんの「みえるとか みえないとか」の絵本が生まれました。空間・感覚・運動・言葉・ユーモアの5つの視点から、視覚障害者の世界の「見え方」に迫り、「見る」事そのものを問い直すテーマです。しかし決して重くなく、読みやすくドキドキしながら“ちがいを考える”本となっています。著者の純粋な好奇心に満ちながら、とてもあたたかな人柄を感じさせる本です。
著 伊藤亜紗/出版 光文社新書
●はじめての方
・カウンターで貸出カードをおつくりいたします(0歳からつくれます)。
・久山町内にお住まいの方、通勤しているかた、または福岡都市圏の市町村にお住まいのかたならどなたでもつくることができます。
・登録につきましては、住所・氏名が確認できるもの(免許証・保険証等)が必要となります(久山町内にお住まいの方は3年、福岡都市圏の方は1年ごとの更新が必要です)。
●本をかりるとき
・借りたい本と利用カードをカウンターにお出し下さい。
●貸出冊数と期間
>本10冊まで・・・15日間
>雑誌 3冊まで・・・8日間
※貸出期間の延長を希望されるときは、返却日までにその本をカウンターにお持ちください。
1回のみ貸出を延長いたします。(その本が予約されている場合は、延長できません。)
●本を返すとき
・返却カウンターにお返しください。
・貸出カードはいりません。
・図書館がしまっているときは、入口横の返却ポストにお返しください。
・久山町民図書館で借りられた本は当館に返却してください。
・他の図書館には返却しないでください。
・返却期間を過ぎますと、貸出ができなくなることがありますのでご注意ください。
●本を探すとき
・検索用パソコンを使って、自分で探すことができます。
・本が見つからないときは、職員におたずねください。
●レファレンスサービス
・調べたいことがあるときは、職員が資料探しのお手伝いをします。
・お気軽におたずねください。
●予約・リクエストしたいとき
・借りたい本が貸出中のときや、図書館にないときは、予約・リクエストをすることができます。カウンターで、「予約・リクエストカード」に必要事項を記入して、職員にお渡しください。(町外の方は、当図書館所蔵資料のみ)くわしくは職員におたずねください。
●インターネット
・インターネットが無料で利用できます。原則として1日1回30分です。
・本人の貸出カードをご提示下さい。
●コピーサービス
・図書館の資料に限り、著作権法の許す範囲内でコピーできます。
・利用される方は、職員にお申し出ください。(1枚10円)
●お願い
●図書館では静かにしましょう。
●返却日を守りましょう。
●本は大切に扱いましょう。
●利用カードをなくしたときや住所などに変更があったときはすぐにご連絡下さい。
●借りたものを紛失・破損したときは弁償していただくことがあります。
 (破損した時は、修理せずそのままお持ちください)
●図書館では以下の行為は禁止しています。
・館内での喫煙・飲食・携帯電話の利用

みなさまのご協力をお願いします。