ウォーターボーイズ
画像

7月17日の「海の日」は、海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う国民の祝日です。久山町は海には面していませんが、プールを舞台に、久山と水を愛す熱い心を持って活躍するシンクロナイズドスイミングのグループ「ウォーターボーイズ」がいます。
梅雨入りの後、なかなか降らなかった雨がようやく本格的に降りだした6月24日(土)の午後「ウォーターボーイズ」が秋の「祭りひさやま」に向けて練習を始めました。練習会場の久山中学校のプールには、雨の中にも拘らず、大勢の観客が集まりました。雨が降り少し肌寒い中での久しぶりの練習のせいか、いつもの切れの良い演技は見られませんでしたが、これからさらに練習を重ね秋の本番では素晴らしい演技を披露してくれるものと思います。
平成23年に「祭りひさやま」を盛り上げ、町の活性化に役立てようと消防団の若手有志により結成された「ウォーターボーイズ」ですが、その時点では、ほとんどのメンバーは水泳経験がなかったそうです。それでも消防団活動で培った気力、体力と仲間を思いやる団結力で技術と演技力を高め、隔年ごとの「祭りひさやま」では観客を大いに楽しませています。
是非「ウォーターボーイズ」の熱い思いの一端をご覧いただきたいと思います。
糟屋地区の町々は、人口150万人の福岡市に隣接しているため急激に人口を増やしています。久山町は同じく福岡市に隣接してはいますが、昭和45年に全町の97%を市街化調整区域に指定し「自然環境との共存」の町づくりを進め、開発と人口の増加を抑制しています。そのせいか外からの流入がほとんどない町と思われていますが、町には多くの新しい住民が様々な形で入ってきています。レスポアール久山の職員も16名中久山在住者が8名、そのうち生まれも育ちも久山町という職員は2名という状況です。
今年度の「祭りひさやま」のテーマは「ハンド・イン・ハンド(手に手をとって)」です。「すべての住民が手に手を取って学び合いながら暮らしやすい『久山町』にしていきましょう」という思いが込められています。「祭りひさやま」は、これまでも町民の生涯学習と連携・絆づくりに大きな役割を果たしてきました。今年度は「ウォーターボーイズ」の皆さんの心意気に学び、出演・出展の方々も見学の皆様も「ハンド・イン・ハンド」で例年に増してみんなが楽しめる祭りを目指したいと思います。

久山町文化交流センター
センター長兼図書館長 太田隆晴