笑いは百薬の長
%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e9%a3%be%e3%82%8a

寒い日が続いています。暦の上では11月22日から「小雪」12月7日が「大雪」です。九州では雪はまだまだですが、関東首都圏では先月、54年ぶりの降雪、そして観測史上初の積雪がありました。地球温暖化が進行しているはずなのに、これでは温暖化に逆行しているのではないのかと思っていたら、なんとこれは、地球温暖化による現象なのだそうです。温暖化で北極海の氷が解けたことで、北極圏の低気圧が影響を受け、シベリア大陸の強い寒気団の勢力が日本の上空まで張り出してきたのだそうです。風が吹けば桶屋が儲かる式の話ですが、表面的な動きを知るだけでは、本質を見失うことがあります。
 先日のアメリカの大統領選挙では、アメリカ本国の有力紙など大方の予想を裏切り、トランプ氏がクリントン氏を破り大統領選に勝利しました。このことについても、日本がこれからアメリカ合衆国に対してどのような外交政策をとっていくべきかを考えるに当たっては、トランプ氏のこれまでの言動やトランプ氏勝利という表面的な現象だけでなく、アメリカ合衆国の置かれている状況の本質を見据える必要があるのかもしれません。12月8日のレスポアール久山塾では「新しいアメリカと世界・日本~大統領選を終えて~」と題してこの事について深く学びたいと思います。
クリスマスはキリストの誕生を祝うキリスト教徒のお祭りですが、今日の日本では、暮らしに溶け込んだひとつの行事となっているようです。多くの子どもは、クリスマスはサンタさんがよい子にプレゼントを配ってくれる日と思っています。レスポアールでも、2か所の入り口と図書館にクリスマスツリーを飾りました。12月3日(土)には「クリスマスおはなし会」を図書館ボランティア「〇の会」の皆さんにしていただきます。いつもの読み聞かせだけでなく影絵や大型紙芝居、ブラックシアターなど楽しい出し物がいっぱいで、サンタさんからのプレゼントも用意されているようです。また、12月23日(金)は恒例の「クリスマスコンサート」を吹奏楽、ポップス、ゴスペルなどジャンルを超えたアーティストをお招きして開催いたします。例年にも増して見ごたえ、聞きごたえのあるコンサートになるよう出演の皆様はもちろんスタッフ一同張り切って準備を進めています。
 笑いは百薬の長といわれています。医学的にも笑いが心身の健康にとても良い効果を及ぼすことが証明されています。12月10日(土)は日本の古典芸能である落語を楽しんでいただくため県内外からアマチュア落語大会の優勝者をお招きして「年忘れ!大爆笑!けやき寄席」を開催します。この一年皆様には、楽しいこと嬉しいことばかりではなく、つらいことや悲しいことなどいろんなことがあったことと思います。一年の締めくくりに、落語を聞いて、おなかの底から大きな声で笑い、明るく希望に満ちた来年を目指しませんか。

久山町文化交流センター
センター長兼図書館長 太田隆晴