一期一会
tanabata

梅雨はまだ明けていませんが「ささの葉さらさら、のきばにゆれる・・・」七夕の時期になりました。レスポアール久山では、毎年この時期、竹林のあるお宅から大きな笹竹をいただき、ロビーと図書館に七夕の笹飾りをします。笹飾りの前に、こよりを付けた短冊を沢山用意して、願い事を自由に書いていただいています。7月は別名「文月」といいますが、この短冊に詩や願い事を書き、書道の上達を祈ったという江戸時代からの風習が、その由来ではないかともいわれています。昨年も、来館者の皆さん特に子どもさんたちにたくさんの希望や願い事を書いてもらいました。「言霊(ことだま)」という言葉があります。古来、日本では言葉にして口から発すると、言葉どおりの結果をもたらす力があると信じられてきました。願い事を「書く」という行為もそれにつながるものと思われます。短冊に書かれた皆さんの願い事はうまく天に届き叶えられたでしょうか。
「お星さまきらきら、きんぎん、砂子・・・」子どもの頃、星空を飽きずに眺め続けていたことを思い出します。昔の夜空は、天の川が今よりはっきりしていたようです。天の川を挟んで輝く織姫星と彦星もはっきりとわかりました。私たちは、太古から命をはぐくみ続けてくれた海や山に郷愁を感じるように、夜空の星にもそれに似た思いを感じるようです。宇宙の誕生以来、星々の誕生と死が様々な元素をつくり、それら星々のかけらからできたこの地球で有機物が生成され、人間をはじめとするすべての生物の命の元が創られます。私たちの「命」がそのことを感じているのかもしれません。
7月の久山塾は、元NHKディレクターの吉田浩二氏による「ハウステンボス秘話とユネスコの心」歴史講座は、新宮町教育委員会の西田大輔氏による「相島積石塚群」です。子どもたちの踊りやものづくりを楽しむ「ちびっこフェスタ」も30日(土)の開催に向けて発表団体や講師の先生方のご協力を得ながら準備を進めています。 町制60年を祝うとともに熊本の震災へのチャリティ事業でもある「大衆演劇・大川龍昇とさつま舞踊団」公演も文化協会や老人クラブ連合会の皆様のご協力を得ながら広報・販売に努めています。「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」平家物語の冒頭の句です。現実の世界は、まさに「無常」です。なかなか思い通りにはいきません。この「無常」を「わび・さび」と対極の視点から大衆とともに守り育ててきた舞台芸術が大衆演劇です。
茶の湯の教えに「一期一会」という言葉があります。人と人の出会いに同じものはない。その時々の出会いを一生に一度の出会いとして大切にしなければならないという意味です。レスポアール久山では、事業の中身はもとよりですが、参加する皆様のそれぞれの出会いを大切にしたいと考えています。

久山町文化交流センター
センター長兼図書館長 太田隆晴